私の集めたトミカ 53 FP2000 シェブロン B42 BMW 星野一義レーシング仕様

 2006年に、「星野一義 ヒストリコレクション」と言う題目で販売されたトミカで、前回に引き続き、6種類の内の2台目をご紹介致します。

DSCF0593-1.gif

 FP2000とは、フォーミュラパシフィックと呼ばれるF1レースカーのカテゴリーの一種で、1980年「JAF鈴鹿グランプリ自動車レース」に出場し3位となった車です。

 トミカとしては、F69のシェブロン B42 BMWの鋳型をそのまま使用しており、ボディーを白と黒に塗り分け、赤いラインとゼッケンNo及びPENTAXのロゴが時代を感じます。

 裏板、座席、エンジン部分がプラスチックの一体物の部品で構成されている為、これらが総て黒で塗り分けは省略されていますが、エンジン部分を鉄色で塗り分けられていたら、もっと魅力的な車になるでしょう。

 星野氏の代表ゼッケンNoであるNo12がスタートしたのは、この頃からでしょか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント